【人生を変える!?】転勤族の妻におすすめの資格11選!仕事にも日常にも!

    は:転勤族の妻におすすめの資格はあるかしら?そもそもWebライターになるために何か資格は必要なの?

    ま;ハリーさん、いい質問ですね。転妻にとって有効な資格を活かすことで、様々なメリットがあるんですよ。

    【転勤族の妻が資格を持つメリット】

    • 転勤先での就職・転職が有利に進む
    • 転勤があっても一貫した仕事を続けることで継続してキャリアを積める
    • 手に職をつけることができる

    この記事では、次の3つの条件をメインにして、転妻の資格取得についてお伝えします。

    • 勉強や受験にかかる時間や費用が少ない
    • 在宅で勉強や受験ができる
    • 更新や維持にコストがかからない

    結論として、転妻は通信講座や独学で取得ができて、全国的に求人の多い資格を取得するのがおすすめです。

    そして、難易度の差こそあれ、社会人になってからでも十分取れる資格で有益なものに絞っており、あえて受験資格に学校に通う必要があるものは除外しています。

    ま:社会人になってから学校に通うのは、あまり現実的ではないですしね。

    は:転妻は引っ越しが頻繁にあるから、卒業前に引っ越しになってしまう可能性もあるしね。

    【この記事でわかること】

    • 主婦が在宅で取得しやすい資格がわかる
    • 汎用性が高くコスパが良い資格について知る
    • 主婦が資格を活かして活躍できる仕事を見つける方法

    ま;転妻でもキャリアを見据えながら資格を取得し、その後の仕事に活かせれば、人生が変わります!あなたもチャレンジしてみませんか?

    この記事を書いているのは

    まさる

    • 転勤族の夫×専業主夫×Webライター×ブロガー
    • 専業主夫として2歳と3歳の息子を育てながら月5万円以上稼ぐ
    • 月10万円達成済み
    • 3つのブログを運営中
    • 全日本SEO協会SEO検定1級保有
    • 3級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)保有

    @WebWriterMasaru

    masaru_sengyo_web_writer

    \ 詳しいプロフィールはこちら /

    目次

    【コスパ最強】転勤族の妻におすすめ資格5選

    この項では独学で取得可能、かつ求人数が多くコスパの良い資格を5つご紹介します。

    FP2級

    日商簿記検定2級

    宅地建物取引士

    医療事務技能認定試験

    登録販売者

    取得費用にかかる時間や費用については、次の一覧表をご覧ください。

    スクロールできます
    資格名FP2級日商簿記検定2級宅地建物取引士医療事務技能認定試験登録販売者
    学習時間の目安 150~300時間300~350時間300~400時間200時間200~300時間
    受験料11,700円(学科+実技)4,720円8,200円5,000円(学科+実技)12,800円~18,200円
    学習にかかる費用独学の場合はテキスト代
    または通信講座費
    独学の場合はテキスト代
    または通信講座費
    独学の場合はテキスト代
    または通信講座費
    独学で十分可能。
    テキスト・問題集代のみ
    独学の場合はテキスト代
    または通信講座費
    合格率50~65%前後 20%前後 15%前後 60%前後 40~50%前後
    開催受験日1月5月9月(年3回)6月11月2月(年3回)
    ※統一試験
    例年10月(年1回)

    毎月(在宅で受験可能)

    8月〜12月の間で年1回
    ※都道府県により異なる
    転妻におすすめの5つの資格比較表

    FP2級

    FP(ファイナンシャルプランナー)の資格は、ライフプラン・金融資産運用・税制・保険など世の中のお金にかかわる幅広い知識を証明する国家資格です。

    FPの知識を活かして自身や顧客の経済的な側面での人生設計を考えることに役立ちます。

    FPの資格は3級から1級があり、その内の2級は企業の信頼性が高く、保険や金融業界への転職にも有利に働く資格に位置付けられています。

    ま:2級取得のために学習にかける時間は最大300時間程度で、1日2時間の学習で最大5ヶ月ほどかかるでしょう。

    次に学習にかかる費用は、独学か通信講座を受講するかで費用が変わってきます。

    は:独学のほうがテキスト代(おおよそ1万円以内)しかかからないから経済的ね。

    2級の合格率においても、きちんと勉強をして準備を怠らなければ、割と高い確率で合格できるでしょう。


    日商簿記検定2級

    日商簿記2級の資格は、企業の経理課員や経理事務を担う上で重宝される資格です。

    特に日商簿記2級は税理士事務所における税理士補助としての求人も多く、正社員やパートで働くことも可能です。

    ま:経理事務の業務次第では、テレワークも可能なケースもありますよ。

    ただし、昨今の日商簿記2級は難化しており、合格率は毎回20%前後とFP2級よりも低く、一筋縄では行かない中々の難易度となっています。

    ポイントとして、まずは簿記3級を取得し簿記の知識の基礎固めをしてから、2級へチャレンジすることをおすすめします。

    そして2級は独学でも取得可能ですが、試験範囲が広く内容も難しくなるので、講座を受講したほうが、より効率的な学習ができるでしょう。

    は:私は独学で簿記2級を取得したけど、正直苦労したわ!

    日商簿記検定の統一試験は年3回ありますが、現在はネット受験が可能であり、ネット試験の場合は1年中受験が可能です。

    ま:ネットでいつでも受験が可能なので、統一試験よりも取得しやすくておすすめですよ。

    宅地建物取引士

    宅地建物取引士とは、通称「宅建士」とも呼ばれ、その名のとおり不動産取引における専門的知識を有した国家資格です。

    宅建士の資格を持っていると、お客様に対して不動産契約における重要事項の説明ができるようになります。

    つまり、宅建資格の所有者は、不動産取引の独占業務を行うことができ、不動産会社及び建設・金融機関での就職・転職に優位性があり、人気が高い資格です。

    ま;宅建の合格率は15%前後の難関資格ですが、勉強が得意で不動産業界に就職したいなら特におすすめしたい資格ですね。

    学習方法については、こちらも簿記と同じく独学もしくは通信講座か、自分に合うものを選ぶとよいでしょう。

    また宅建の資格以外にも「不動産鑑定士」や「土地家屋調査士」などの不動産関連の他の資格を組み合わせることで、業務内容の幅も広がりますよ。

    は;資格勉強は大変そうだけど、不動産関係の仕事はやりがいがありそうね。

    医療事務技能認定試験

    医療事務は、なじみがある資格で知名度も高く、特に女性に人気が高い民間資格です。

    医療事務の業務内容は、主にレセプト(診療報酬明細書)の作成や病院での受付など医療業界にて安定した需要があります。

    まさる

    ちなみに医療事務の資格は下記のように数多くあります。

    スクロールできます
    資格名難易度受験料試験方法
    診療報酬請求事務能力認定試験9,000円全国17か所で実施
    医科 医療事務管理士®︎技能認定試験やや高い7,500円インターネット試験可能
    医事コンピュータ技能検定試験やや高い準1級8,600円
    2級7,500円
    3級6,400円
    年2回実施
    会場受験のみ
    医療情報実務能力検定試験(医療事務実務士)やや高い1級8,700円
    2級7,700円
    教育指定校及び
    団体受験のみ
    医療事務認定実務者(R)普通5,000円在宅受験可能
    医療事務技能審査試験(メディカルクラーク®︎) 普通7,700円「医科」毎月「歯科」年6回
    医療事務技能認定試験 5,000円インターネット受験可能
    医療事務検定試験(医療事務講座の受講者のみ)7,700円通学コース年6回
    通信コース毎月
    医療事務の資格一覧表
    まさる

    おすすめは「医療事務技能認定試験」です。

    医療保険制度や診療報酬請求に関する幅広い知識と基礎力が求められます。

    難易度も低めなので、取得後に「医療事務管理士」などにチャレンジするのもアリです。

    は:病院や診療所はどこにでもあるし、なにかしらの求人がありそうね。

    難易度も高くなく独学でも十分可能で、比較的取得しやすい資格です。

    ま;しかも在宅で受験ができるので、小さなお子さんがいるご家庭でも受験しやすいので、おすすめです。

    独学で4ヶ月ほど勉強すれば合格を目指せ、医療事務に関する知識の習得によって、就職や仕事にも自信に繋がるなどメリットも多いでしょう。

    登録販売者

    登録販売者の資格は、もしかしたらあまり聞き慣れた資格ではないかもしれません。

    は:薬剤師の資格とはどう違うの?

    ま;登録販売者は、ドラックストアや薬局で一般用医薬品(第二類・第三類医薬品)の販売ができる専門資格です。

    は:薬剤師は第一類医薬品の販売も可能だから、その違いね。

    ま:登録販売者が取り扱う一般用医薬品は第二類・三類が9割を占めるので、企業のニーズが高い資格だと思います。ただ収入が低いのがネックですが。

    登録販売者の資格にもとづく医薬品の知識は企業の即戦力にも繋がりやすく、消費者へ正しい薬の効能や情報を適格に説明する責務があります。

    また、昨今の薬剤師の人手不足の代わりとして、薬局などで薬のスペシャリストとしての活躍を期待できる上に、求人数も拡大傾向にあります。

    は:今は健康ブームだし、国も予防医療を推進しているから将来性のある仕事だと思うわ。

    転妻は引っ越しがつきものなので、登録販売者の資格で転勤先での採用率が高くなれば、働き口にも困りづらくなるでしょう。

    まずは今後のキャリアプランを考えよう

    ここまで5つの資格を紹介してきましたが、資格の勉強を開始する前に、大切なことをお伝えしなければいけません。

    それは、まずは自分の人生をこれからどうしたいか、今後のキャリアプランを具体的にしっかり策定するということです。

    は:具体的にか…FPのライフプラン作成にも通じるものがあるね。どうすればいいのかな?

    ま:そうですね、例えば以下のような事を考えてみてはどうでしょうか。

    • 家族構成からこれからの人生にかかるお金を計算する
    • いつまでに、どれくらの収入を得たいのか決める

    稼ぎたい金額によって、おのずとどんな仕事をすればよいかがわかり、そこから取るべき資格が見えてくるでしょう。

    は;希望の年収から逆算するわけね。とても合理的な計画ね。

    ま:もし自分で考えることが難しければ、外部のキャリアコンサルを受けてみて、専門家と一緒に考えるのも良いアイディアです。

    資格の取得は自分の時間と人生をかけるものであり、時間を無駄に浪費しないためにも、未来の理想の生活を見据えながら計画を立てましょう。

    まさる

    転勤族の妻におすすめのキャリアプランについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

    【人生変わる】時間をかけられる転勤族の妻向け資格4選

    次は前項と違って、時間をかけた上で人生を大きく変える力のある、難易度の高い資格を4つご紹介します。

    • 行政書士
    • 社会保険労務士
    • 司法書士
    • 税理士

    もし上記の資格を取得すれば、人生が変わるほどの高年収が期待できます。

    まさる

    とはいえ、難易度はかなり高いです……

    こちらも一覧表を作成しましたので、お役立てください。

    スクロールできます
    資格名行政書士社会保険労務士司法書士税理士
    学習時間の目安 500~1,000時間800~1,000時間3,000時間4,000時間
    受験料10,400円 15,000円8,000円4,000円~10,000円
    (受験科目により異なる)
    学習にかかる費用独学の場合はテキスト代
    または通信講座費
    独学の場合はテキスト代
    または通信講座費
    独学の場合はテキスト代
    または通信講座費
    独学の場合はテキスト代
    または通信講座費
    合格率10%前後 5~7%前後 4~5%前後 10~15%前後 
    開催受験日例年11月(年1回)例年8月(年1回)例年7月(年1回)

    例年8月の3日間 
    人生を変えられる転妻の資格比較表

    行政書士

    行政書士とは、官公署(国・地方公共団体・その他諸機関)に提出する事実証明、権利義務などの書類の作成や代行を行う法律系の国家資格です。

    行政書士には「行政書士法」に基づく上記の独占業務があり、その点が強みになります。

    その他、書類作成時における顧客からの相談や手続きの代理業務、作成書類の種類も多岐に渡るなど、非常に幅広い業務が特徴です。

    行政書士の試験内容と勉強方法

    行政書士の試験内容は、大きく「法令等科目」と「基礎知識科目」に分かれ、憲法・民法・行政法などの法律の他、計9科目あり試験範囲がとても広いことで知られています。

    そして行政書士の難易度は、毎回合格率が10%程度と非常に狭き門であり、取得を目指すならそれなりの覚悟が必要です。

    ま;学習期間を独学で1年間とした場合、毎日数時間の勉強時間を確保しながら、コツコツと学習を進める必要があります。

    は;それはかなり大変ね…。勉強が得意でないと挫折するかも。

    行政書士の就職先と独立について

    行政書士の資格を取得し「日本行政書士会連合会」へ登録した後は、まずは「行政書士事務所」へ就職するケースが多くを占めます。

    ま:就職先による行政書士としての年収はピンからキリまで幅広いので、行政書士の年収額については一概になんともいえません。

    ただ、行政書士は個人で独立開業しやすく、努力次第では高年収を稼ぐことも夢ではないでしょう。

    は:将来的に独立したかったら、勉強は大変だけど夢がある資格ね。

    社会保険労務士

    社会保険労務士(社労士)とは、企業における人事・労務の法律の専門家で、社労士資格は、主に企業間での社会保険関連の書類作成や代行を行うための国家資格です。

    ま:社労士も行政書士と同じく、上記を独占業務として行っています。

    その他、社労士は企業の労務管理・社会保険に対し相談や指導を行うことができ、今後は社労士のコンサルティング業に期待が寄せられています。

    ま:社労士さんは、企業の労務・労務関連の手続きにおける心強い味方と言えるでしょう

    社労士試験の概要

    年1回行われる社労士試験は、出題される科目数が多く試験範囲が膨大なため、合格率は非常に低く、難易度が高い資格に位置付けられています。

    は:「労働基準法」や「労働安全衛生法」などの関連法の内容が試験で問われるわけね。

    ま;受験者の中には実際に準備不足の人も多く、それが合格率を下げている一因にもなっているのかもしれません。

    また、社労士の試験を受けるためには受験資格があり、学歴・実務経験・厚生労働大臣が認める国家試験合格の3つの内、どれか1つを満たしている必要があります。

    このように、社労士試験は「受験証明証明書」の提出などの少し煩雑な手続きもあり、一筋縄ではいかない試験となっています。

    FP・行政書士などのダブルライセンスがおすすめ

    社労士の資格と他の関連資格を組み合わせることで業務の幅が広がったり、転職が有利になるなどのメリットがあります。

    その分複数の資格取得のために時間と労力がかかりますが、今後のキャリアを見据えて有効だと確信できれば、チャレンジする意義はあるでしょう。

    は:社労士資格&FPの資格を持っていたら鬼に金棒な気がするわ!

    司法書士

    司法書士は、個人や法人から依頼され、裁判所・法務局・検察庁へ提出する書類の作成や、主に不動産と商業の登記を代行する法律事務の専門家です。

    簡易裁判所にて民事訴訟における当事者の代理業務を担うことができる他、職務上請求ができる八士業の内の一つでもあります。

    司法書士試験の概要

    年1回開催される司法書士試験は、受験資格・受験回数に制限はありません。

    司法書士試験の特徴として、筆記試験と口述試験に分かれており筆記試験の合格者だけが、次の口述試験を受験できます。

    試験の出題範囲は、民法・商法・憲法・刑法・不動産登記法・商業登記法他、計11科目にも及びますので、それに伴う学習内容も膨大です。

    ま:行政書士・社労士の資格と比較して、学習時間も3,000時間超と跳ね上がります。まさにザ・難関資格!

    合格率は5%前後の狭き門ですが、司法書士試験は受験資格がないために、十分な準備ができないままの受験者が多いと推測され、それが合格率の低さを反映しています。

    それほどの難易度のため、独学は正直おすすめできる方法ではなく、効率的な学習をするためにも資格講座の受講(通信でも)を考えたほうが得策だと思われます。

    余談ですが、司法書士試験を受験しなくても、検察局や裁判所で一定期間を努めた上で、法務大臣から認定を受ければ、資格がなくても司法書士として活動が可能です。

    司法書士の働き方

    司法書士試験の合格後は、いずれかの司法書士会に登録し、そこでの最長3ヶ月ほどの研修に参加しなければいけません。

    その後司法書士事務所などに就職する流れもありますが、司法書士としての働き方としては、資格取得後に独立開業するのが一般的なケースです。

    ま;まさに司法書士は、将来独立を目指すための資格ともいえるでしょう。

    税理士

    本記事で紹介する資格の中でダントツの難易度を極めた「資格のボス」が、この税理士資格といえます。

    は:正直、転妻には難しすぎない?私なら自信がないわ…。

    ま:確かに税理士資格は非常に高い難易度ですが、世の中には主婦が時間をかけながら税理士資格を取得し、その後税理士として独立したケースもあるんですよ。

    は:その女性すごすぎるわ!きっと人生をかけて、壮絶な努力を続けたんでしょうね。

    税理士の試験制度について

    税理士試験(税法に関する科目)を受験するためには、学歴・簿記の資格・職歴の3つの内、どれか1つの要件を満たせば受験資格が得られます。

    ま:ただし会計学(簿記論・財務諸表論)の科目は受験資格はなく、誰でも受けることが可能です。

    ポイント:例年8月の3日間にわけて試験が行われ、合格発表は11月下旬〜12月上旬

    税理士試験は、科目選択制・科目合格制の方式をとっており、試験内容である全11科目の内で、選択した5科目に合格する必要があります。

    そのため数年をかけて1科目ずつ合格を目指すのが一般的です。

    合格率は10〜15%前後で司法書士試験などよりも高い理由は、税理士試験は受験資格があるために、ある程度の学識がある人が受験する理由だと考えられます。

    は:受験資格でさえハードルが高いのに、その上合格率も15%程度だったら、いかに難関な資格だと実感するわ。

    税理士試験の勉強方法

    まずは「簿記論」「財務諸表論」の合格を目指して勉強スケジュールを組みましょう。

    ま:学習時間に余裕がある人は、両方の科目の同時受験もおすすめです。

    8月に一つの科目試験が終了したら、4ヶ月後の合格発表まで待たずに、間髪入れず次に受ける科目の学習を始めるのがポイントです。

    は:こうやって1年に1科目ずつ受験していくのが税理士試験の特徴ね。

    独学で合格を目指すのであれば、常に高いモチベーションを維持しながら数年間は試験に挑み続ける必要があり、非常に高い精神力が本人に求められるでしょう。

    税理士の働き方

    試験にすべて合格し晴れて税理士になると、様々な働き方が選べるのが税理士の魅力です。

    税理士としての働き方としては、主に以下の3つに分かれます。

    • 税理士法人へ就職する
    • 独立開業する
    • 一般企業へ就職する

    ま:ライフプランが多様な女性にとって、税理士はテレワークも可能なケースが多いので、その点は魅力ですね。

    働き方の中では、独立して事務所を構えるのが一般的な税理士のイメージですが、税理士として独立すれば、努力次第でいくらでも高みを目指すことが可能です。

    ただし、税理士業界は常に激しい競争にさらされており、自身が高収入を得るためには、絶え間ぬ努力と賢い経営戦略と高い競争心が求められるでしょう。

    ま:何にせよ厳しい世界なのは代わりありません。覚悟あれ!

    転勤族の妻なら必ず取っておくべき2つの資格

    転勤族の妻が避けては通れない、定期的な配偶者の転勤とそれに伴う引越し。

    そこで、転勤先でもとりあえず困らない資格を、ここでは2つご紹介します。

    • 自動車免許
    • FP3級

    ま:最低でもこれだけ持っておけば、なんとかなる!

    自動車免許

    転勤族の宿命として、地方へ転勤になる可能性も往々あるかと思います。

    地方は公共交通機関が未発達な場所もあるので、車が運転できないと生活がままならない実情があります。

    は:大きな地方都市の中心地だったら、免許がなくても生活に支障は出にくそうじゃない?

    ま:ただ、そうでない所へ転勤になる可能性を考慮すれば、最低でも自動車免許は取っておいたほうが良いですよ。

    は:たしかに田舎じゃ車ないと生活が詰んじゃうわね…。運転はニガテだけど、そうもいってられない!

    もし自動車免許を持っていない場合は、合宿免許で取るのがおすすめです

    自動車の合宿免許とは

    自動車教習所や周辺の提携施設へ宿泊しながら、免許取得を目指すプラン。
    短期間で集中的に教習を受けられるため、学生や社会人など、まとまった休みが取れない方におすすめ。
    最短2週間ほどで、教習所を卒業することができる。

    まさる

    ちなみに、僕も合宿で自動車免許を取りましたが、安いし早く取れて良かったですよ!

    おすすめの合宿免許予約サービスはです。

    今ならネットから申し込むだけで5,000円の割引があります。

    まさる

    時間がなくてサクッと自動車免許を取りたい人は、下記のボタンから予約してくださいね。

    \ 最短13日で卒後できる! /

    FP3級

    FP資格で一番難易度が低い3級は、ビジネスパーソンに限らず、お金に関する一般知識として勉強したほうが良いくらいの網羅的な内容です。

    資本主義の世の中において、お金の知識がないと実生活で損をすることも往々あります。

    2級へ挑戦するための足がかりともなりますし、取っておいて損はない資格です。

    ま:FP3級は各分野の知識を広く浅く勉強する感じなので、実生活に役に立つ知識ばかりですよ!

    【番外編】Webライターにおすすめの資格

    「転うぇぶ」では、再現性が高く月5万円以上稼ぐ方法として、Webライターをおすすめしています。

    ここではWebライターの業務内容に関する民間資格を簡単に紹介します。

    • WEBライティング技能検定
    • 薬機法管理者資格
    • 日本化粧品検定
    • SEO検定 
    • ビジネス著作権検定
    • 日本語検定
    • 文章読解・作成能力検定

    は:たくさんあるのね!でもこれらの資格を持っていた方がWebライターに有利なの?

    上記の資格がなくてもWebライターとして活動することは可能です。

    ただし、実績が少ない間は、クライアントにアピールできるものが少ないため、上記の資格などで箔をつけるのは戦略としてアリです。

    ま:上記の資格については、別記事にて詳しく解説する予定です。

    資格を活かして仕事を見つける3つの方法

    念願の合格を勝ち取っても、資格を活かした仕事が見つからなければ、取った意味がありません。

    資格取得後の就職(転職)がスムーズに運ぶように、転職関連サービスを利用をおすすめします。

    転職サイト

    1つ目は、転職サイトへ登録して自ら求人を探すことです。

    転職サイトはメジャーなものからニッチなものまで様々なサイトが存在しますが、求人数の登録が多いサイトの方が仕事が見つかりやすく、使い勝手が良い傾向があります。

    そして転職サイトのメリットの一つは、自分のペースで就職活動を進められることです。

    は:毎日忙しくても、スキマ時間に転職サイトで求人情報を探したりも可能ね。

    デメリットとしては、企業への応募から情報収集まで、すべて自分ひとりで行わなければならないことです。

    企業に送る書類や面談対策のサポートもありませんので、自分ひとりで転職活動に不安を覚える場合は、転職エージェントを利用したほうが良いでしょう。

    転職エージェント

    転職エージェントは、求職者が登録すると、その人に対して一人の担当者がつき、求職者の転職サポートや企業間とのマッチングを行います。

    求職者は、求める職種に対して企業からのオファーを斡旋してもらったり、履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイス、面談対策に至るまで手厚いサポートを受けられます。

    その他転職エージェントのサービス内容として、

    • 多数の非公開求人の取り扱い(待遇が良い求人が多い)
    • マッチングしそうな企業からのスカウトサービス
    • 求職者に対するキャリアカウンセリングの実施

    と、転職エージェントのサービスは多岐に渡ります。

    ま:転職サイトとの違いは、上記がそのまま転職エージェントのメリットになります。

    注意点としては、主に転職エージェントでは正社員の求人を取り扱っており、パートなどの非正規採用の案件は少なめです。

    その他、求職者と転職エージェントとの相性の良し悪しで、自分に合う企業とマッチングできるかが左右されますので、その点は留意しておきましょう。

    クラウドソーシングサイト

    企業に就職する以外にも、クラウドサービス上で仕事を個人で受注するフリーランス的な働き方も昨今は急速に広がっています。

    現在メジャーなクラウドソーシングサイトは主に下記の3つです。

    • クラウドワークス
    • ランサーズ
    • ココナラ

    各種サービスの違いを簡単に説明すると、以下のようになります。

    • クラウドワークス・ランサーズ:自分から応募しクライアントから仕事を受注する
    • ココナラ:自分のスキルを登録し、需要者(買い手)にアピールして仕事を受ける

    は:スキルに自信がある人は、ココナラに登録すれば、たくさん仕事が入りそう!

    どのような方法で求人を探すにしても、これまでに紹介した資格を持っていると、転職において採用に有利に働く可能性が高くなります。

    ま:案件の応募時には、有利に働く資格をプロフィールや応募文に必ず書いてアピールしましょう。

    転勤族の妻が資格を検討するときによくある疑問

    ここからは、転妻が資格を取ろうとするときに起こりがちな疑問にお答えしていきます。

    転勤が多い生活でも継続して働ける資格は何ですか?

    転勤が多い生活に適している資格には、医療事務、日商簿記、介護福祉士、保育士、栄養士、看護師などがあります。これらの資格は全国どこでも需要があり、転勤先での就職も比較的容易です。

    資格を取得するメリットは何ですか?

    資格を取得するメリットは大きく3つあります。1つ目は、資格を持つことで需要のある人材になり、就職や転職がしやすくなること。2つ目は、専門的なスキルを身に付けることでキャリアアップが可能になること。3つ目は、資格を持つことで給料が上がる可能性があることです。

    転勤族の妻がキャリアを築くために必要なことは何ですか?

    キャリアを築くためには、全国どこでも活かせる資格やスキルを持つこと、リモートワークなど場所を選ばない働き方を選択できるようにすること、そして転勤のたびに地域のネットワークを構築し、情報収集能力を高めることが重要です。

    転勤族の妻におすすめの働き方はありますか?

    専門的な資格を活かして働くこと、リモートワークやフレキシブルな働き方を選ぶこと、そしてプロジェクトベースやフリーランスとして働くことがおすすめです。これらの働き方は、転勤があっても仕事を継続しやすいです。

    転勤の多い生活でキャリアの一貫性を保つにはどうすればいいですか?

    キャリアの一貫性を保つためには、資格やスキルを活かせる職種を選ぶこと、オンラインでの継続学習や資格更新に励むこと、そしてキャリアのポートフォリオを作成し、経験やスキルを可視化することが有効です。これにより、転勤があっても自分のキャリアパスをしっかりと示すことができます。

    転勤族の妻が資格取得のために勉強する時間を作るには?

    限られた時間の中で効率的に勉強するために、以下の方法がおすすめです。

    • スキマ時間を活用する……家事の合間や、子どもが寝ている時間などを有効活用しましょう。
    • オンライン学習……通学の必要がなく、自分のペースで学習できます。
    • 家族の協力……家族の理解と協力を得て、勉強時間を確保しましょう。
    • 短期集中型で学習する……短期間で集中的に学習することで、モチベーションを維持できます。

    転勤族の妻が資格取得後に働き始めるには?

    資格取得後にスムーズに就職するために、以下の点に留意しましょう。

    • 転勤先の求人情報……転勤先の求人情報サイトやハローワークを活用しましょう。
    • 転勤族向けの就業支援サービス……転勤族向けの就業支援サービスを利用することで、就職活動をサポートしてもらえます。
    • 履歴書・職務経歴書の書き方……資格取得をアピールできる履歴書・職務経歴書を作成しましょう。
    • 面接対策……面接で資格を活かせる経験やスキルをアピールしましょう。

    転勤族の妻が資格取得を諦めないためのモチベーション維持方法

    資格取得は長丁場になるため、モチベーション維持が重要です。以下、モチベーション維持方法をいくつかご紹介します。

    • 目標を明確にする……なぜ資格取得を目指すのか、具体的な目標を設定しましょう。
    • 仲間を見つける……同じ目標を持つ仲間と情報交換や励まし合いを行いましょう。
    • 小さな成功体験を積み重ねる

    転勤族の妻として、資格を取得するメリットはありますか?

    転勤族の妻として資格を取得するメリットは、主に以下の3つが挙げられます。

    • 転勤先での就職活動に有利になる。
    • 資格を活かして在宅ワークやパートタイム勤務ができる。
    • 資格取得を通して自分のスキルアップを図ることができる。

    転勤族の妻として、資格を取得する際に注意すべきことはありますか?

    転勤族の妻として資格を取得する際に注意すべきことは、以下の5つが挙げられます。

    • 資格取得には時間がかかるため、計画的に勉強する。
    • 資格の勉強と家事や育児の両立に注意する。
    • 資格を取得しても、すぐに就職できるとは限らない。
    • 資格取得にかかる費用を考慮する。
    • 資格取得後のキャリアプランを検討する。

    まとめ:資格を取って転妻ライフを満喫しよう

    本記事では、転勤族の妻が取得可能なおすすめの資格を、難易度に沿ってご紹介しました。

    以下、今回の記事をまとめた内容は次の通りです。

    【コスパが良い転勤妻におすすめ資格5選】

    • FP2級
    • 日商簿記2級
    • 宅地建物取引士
    • 医療事務
    • 登録販売者

    【人生が変わる、時間をかけられる難関資格4選】

    • 行政書士
    • 社会保険労務士
    • 司法書士
    • 税理士

    【転勤族の妻が必ず取るべき資格】

    • 自動車免許
    • FP3級
    • Webライターのおすすめ資格の紹介
    • 資格を活かした仕事の見つけ方3選

    主婦の武器である情報収集能力やスキマ時間の活用など、転妻こそ資格の取得は、むしろ絶好のチャンスだといえます。

    ま:あなたの理想のキャリアプランに合う資格を身に付けることで、人生の幅が広がり、素敵な未来が開けることを願っています。

    転勤族の妻のキャリアプランについては、下の記事で解説しています。

    転勤族の妻におすすめの資格について解説しましたが「私には資格なんて無理だよ!」と思われた方もいるでしょう。

    まさる

    そんな人におすすめなのが、未経験で資格がなくても始められるWebライターです。

    Webライターなら、当ブログのフローチャートのとおり進めていけば、月5万円は必ず達成できます。

    まさる

    中には月100万円を達成する人も!

    Webライターの始め方については、下記の記事で詳しく解説しています。

    長くなりましたが、転勤族の妻の資格の取得においてご参考になれば幸いです。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    \シェアしてくれると励みになります/
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    目次