体言止めの効果と具体的な使い方を解説!注意点を例文つきで紹介

    「文章にメリハリをつけたい!」
    「読者の心を掴むような文章を書きたい!」

    そんなあなたにおすすめなのが「体言止め」です。

    体言止めを使うと、以下のようなメリットがあります。

    • リズム感のある文章になる
    • 文章にインパクトを与えられる
    • 余韻を残して読者の想像力をかき立てられる
    • 言葉の切れ味を鋭くできる

    しかし、使いすぎには注意が必要です。

    • 単調になる
    • 意味が曖昧になる
    • 感情表現が乏しくなる
    • 文章に深みがなくなる
    • 読者の理解度が下がる

    この記事を読むメリットは次のとおりです。

    • 体言止めの効果を理解できる
    • 読者を引きつける文章を書ける
    • 文章表現の引き出しが増える
    • 文章にリズムとメリハリをつけられるようになる
    • 印象に残る文章が書けるようになる

    この記事は、こんな人におすすめです。

    • 読者を増やしたい人
    • 文章にメリハリをつけたい人
    • 読者の心を掴むような文章を書きたい人
    • 文章力を上げたいブロガーやWebライター
    • 文章表現の幅を広げたい人
    • 読者を引きつける記事を書きたい人

    体言止めは、文章表現の幅を広げてくれますが、扱いを間違えると諸刃の剣になる存在です。

    この記事を最後まで読んで、体言止めを使いこなせるようになってくださいね。

    体言止めと間違えやすいのが倒置法です。

    倒置法については下の記事で詳しく解説しています。

    まさる

    読みやすい文章を書きたい人には、こちらの記事もおすすめです。

    目次

    体言止めとは名詞や代名詞で文章を終わらせること

    体言止めとは、文章の終わりを名詞や代名詞などの「体言」で終える文章表現のことです。

    体言とは

    活用のない単語の総称。

    具体的には以下のような言葉が体言にあたります。

    • 名詞(普通名詞、固有名詞、数詞など)
      例:机、太郎、3つ
    • 代名詞
      例:私、あなた、これ

    体言は文の主語や目的語、修飾語になることができる。

    活用がないので、語尾の変化はない。

    一般的に、日本語の文章は動詞、形容詞、形容動詞などの「用言」で終わるのが普通ですが、あえて体言で終わらせることで、独特の表現効果が生まれます。

    用言とは

    活用のある単語の総称。具体的には以下のような言葉が用言に分類される。

    • 動詞
      例:食べる、走る、書く
    • 形容詞
      例:赤い、大きい、楽しい
    • 形容動詞
      例:静かだ、有名だ、不可能だ

    用言は、その言葉自体で述語になることができる。

    活用があるので、時制や肯定・否定、丁寧さなどを表現できるのが特徴。

    体言止めの例文

    体言止めを使った例文をいくつか見てみましょう。

    • 大切な人を失った悲しみ。癒えることのない心の傷。
    • 「さよなら」別れの言葉とともに、新たな旅立ち。
    • その速さ、圧倒的。
    • 彼女の顔に浮かぶのは、小悪魔のような微笑み。
    • 勝つために大切なのは、負けたくないという気持ち。

    上記のように、体言止めを使うことで、文章にリズム感とインパクトを与えて読者の心に強く訴えかけることができます。

    印象に残る文章を書きたいなら取り入れたいです。

    ただし、多用しすぎると問題も起こるので後述する注意点に気をつけたいです。

    体言止めを使う効果とメリット

    体言止めを使えば、さまざまな効果やメリットが期待できます。

    ここでは、体言止めを使うことによる次の4つの効果とメリットを詳しく解説していきましょう。

      リズム感のある文章になる

      体言止めを使うと、文章にリズム感が生まれます。

      通常の文章が「〜です」「〜ます」などの用言で終わるのに対して、名詞や代名詞で終わるからです。

      言葉の響きが変わることで、読者の耳に心地よいリズムが生まれますよ。

      具体例

      • 夕焼けがオレンジ色に輝いている。まるで、空が燃えているかのようだ。
      • オレンジ色に輝く夕焼け。空が燃えているかのようだ。

      「夕焼け」の体言で文が終わることで、次の「空が燃えているかのようだ」の文にリズムよく移っていくことができています。

      体言止めを効果的に使えば、文章にリズム感が出て、読者が読みやすくなります。

      文章にインパクトを与える

      体言止めは、文章に強いインパクトを与える効果もあります。

      普通の文章と異なる終わり方をすることで、読者の注意を引きつけ、印象に残りやすくなるのです。

      例えば、以下のような文章を見てみましょう。

      • 夏の日差しは強烈で、まるで容赦なく照りつけるかのようだった。
      • 容赦無く照りつける、夏の日差し。

      「夏の日差し」で文を終えることで、強烈な日差しであったことが強調されて、インパクトを与えることできています。

      体言止めを効果的に使えれば、読者の印象に残る、インパクトのあるメッセージを伝えることができます。

      余韻を与えて読者の想像力をかき立てる

      体言止めは、文章に余韻を与え、読者の想像力を刺激する効果もあります。

      省略された言葉を想像して、文章の内容を理解しようとするからですね。

      例えば、以下のような文章を見てみましょう。

      • あの日の空を今も覚えている。
      • 今も覚えている、あの日の空。

      「あの日の空」と終わることで、どんな空を覚えているのかを読者に想像させる余韻を与えています。

      体言止めを有効に使うことで、読者は登場人物の感情や状況を想像し、物語に入り込みやすくなります。

      言葉の切れ味を鋭くする

      体言止めは、言葉の切れ味を鋭くする効果もあります。

      無駄な言葉を省き、簡潔に表現することで、より直接的に読者に訴えかけることができるのです。

      例えば、以下のような文章を見てみましょう。

      • 彼のまなざしは揺るがなかった。
      • 彼の揺るぎないまなざし。

      「彼のまなざしは揺るがなかった」よりも「彼の揺るぎないまなざし」と簡潔に言い切ることで、彼の強い意志がダイレクトに伝わってきます。

      体言止めを使うことで、言葉の力を最大限に引き出すことができるのです。

      以上のように、体言止めには文章表現の幅を広げる様々な効果とメリットがあります。

      うまく使いこなすことで、より魅力的な文章を作ることができるでしょう。

      【シーン別】体言止めの効果的な使い方

      体言止めは使うシーンによって、様々な効果を発揮します。

      文章の長さや雰囲気を変えたり、読者の印象に残したりと、うまく活用することでより魅力的な文章を作ることができるのです。

      ここでは、体言止めが特に効果的な7つのシーンを紹介していきます。

      長い一文を分割したいとき

      長い文章が続くと、読者は読むのに疲れてしまいます。

      体言止めを使って文章を区切ってみるといいでしょう。

      具体例

      • 最初のうちは周りについていくのに必死でしたが、徐々に自分のペースを掴んで、なんとか完走することができました。
      • 最初のうちは周りについていくのに必死。徐々に自分のペースを掴んで、なんとか完走することができました。

      一文が長すぎると、文章の意味が理解しづらくなってしまいます。

      体言止めを効果的に使うことで、適度なところで文が区切られ、リズム感も良くなるので読みやすくなります。

      文章にメリハリがつき、読者を飽きさせない効果も期待できますよ。

      文末表現を変えたいとき

      同じような文末表現が続くと、文章が単調になってしまいます。

      そんなときは、体言止めを使って文末を変化させてみましょう。

      具体例

      彼女は毎日忙しく働いていました。

      朝早くから夜遅くまで、休む間もなく仕事をしていました。

      プライベートな時間を取ることもできませんでした。

      彼女は毎日忙しく働いていました。

      朝早くから夜遅くまで、休む間もなく仕事。

      プライベートな時間を取ることもできませんでした。

      「〜ました」という文末が続いて単調な文章になっていましたが、途中に体言止めを使うことで変化をつけています。

      リズムが変わるので、読者も飽きることなく読み続けやすいです。

      ちなみに、文末表現は「です・ます調」と「だ・である調」に分けられます。

      取り扱う文章や、伝えたいメッセージによって使い分けなければいけません、

      「です・ます調」や「だ・である調」について、下の記事で詳しく解説しています。

      体言止めと合わせてチェックしておきましょう。

      箇条書きを使うとき

      箇条書きは情報を整理するのに便利ですが、体言止めを使うことでさらに効果的になります。

      具体例

      旅行の持ち物リスト

      • パスポート
      • 航空券
      • 現金
      • クレジットカード
      • カメラ
      • 歯ブラシ
      • 化粧品

      箇条書きは体言止めにすることで、区切りがついて分かりやすくなります。

      ビジネスの場面でも使えるのでおすすめです。

      まとまりのある印象を与えられるので、箇条書きを使うときは積極的に使っていきましょう。

      要点を強調したいとき

      伝えたいメッセージを強調するときは、体言止めが効果的です。

      ポイントとなる言葉で文を締めくくることで、読者の記憶に残りやすくなります。

      具体例

      プレゼンテーションを成功させるには、事前の準備が大切だ。

      資料作成、リハーサル、スライドのチェック。

      当日に慌てないための入念な下準備をしよう。

      「資料作成、リハーサル、スライドのチェック」と体言止めを使うことで、プレゼンテーション成功のポイントが強調されています。

      要点を強調したいときは、上手く体言止めを活用しましょう。

      強調したいときは倒置法もおすすめです。

      文字数を減らしたいとき

      文字数制限のある原稿を書くときは、体言止めを活用しましょう。

      不要な言葉を削ることができ、簡潔な文章になります。

      具体例

      大学生の時にアルバイトをしていました。

      居酒屋で働いていたのですが、お客様との会話や、スタッフとのチームワークが楽しくて、やりがいを感じていました。

      大学生の時は、居酒屋でアルバイト。お客様との会話やスタッフとのチームワークが楽しくて、やりがいを感じていました。

      体言止めにすることで、文章の内容を変えることなく文字数を減らしています。

      伝えたい内容を変えることなく、よりコンパクトな文章にできますよ。

      感情や心情を表現したいとき

      登場人物の感情や心情を表現するときは、体言止めを使ってみましょう。

      言葉を省略することで、読者の想像力を掻き立てることができます。

      具体例

      「もう二度と会うことはないのね」彼女は悲しそうに言った。たった一つの嘘。それがすべてを壊してしまった。

      「たった一つの嘘」で文を区切ることで、登場人物の後悔の念が読者に伝わります。

      言葉を最小限にすることで、感情を強調して読者を引きつける文章にできます。

      感情的な表現は、倒置法も得意です。

      ブログ記事のタイトルを作成するとき

      記事タイトルにインパクトを持たせたいときは、体言止めを使うのも一つの手です。

      斬新な印象を与え、読者の興味を引くことができますよ。

      具体例

      「初めての海外旅行」必須の持ち物10選

      プレゼンを成功させる3つのコツ

      体言止めを使うことで、タイトルが印象的になり、思わずクリックしたくなります。

      記事の内容が想像しやすくインパクトのあるタイトルは、読者を引きつけますよ。

      以上のように、体言止めはシーンに合わせて使い分けることで、様々な効果を生み出します。

      うまく活用することで、より魅力的な文章を書くことができるでしょう。

      体言止めを使うときの注意点

      体言止めは、効果的に使えば文章に様々なメリットをもたらしますが、使い方を誤ると逆効果になることもあります。

      ここでは、体言止めを使う際の4つの注意点を解説します。

      多用しない

      体言止めを使うことで、文章にリズム感やインパクトを与えることができます。

      しかし、使いすぎると文章が単調になったり、読みにくくなったりする恐れがあります。

      朝食はパンと牛乳。

      栄養満点の組み合わせ。

      毎朝の日課。

      体言止めは、あくまでも文章表現の一つの手法です。

      文章全体のバランスを考えて、適度に使うようにしましょう。

      目安としては、4〜5文で1箇所以下に抑えておくのがおすすめです。

      フォーマルな場面では使用を控える

      体言止めは口語的な表現なので、改まった場面ではふさわしくない場合があります。

      例えば、以下のようなフォーマルな文章では、体言止めの使用は控えめにしましょう。

      • 論文やレポート
      • ビジネス文書
      • 式辞やスピーチ原稿

      上記の文章では、信頼性や丁寧さを演出することが求められます。

      体言止めを多用すると、軽薄な印象を与えかねません。

      状況に応じてほどほどにしておくといいでしょう。

      ビジネス場面では状況に応じて使う

      ビジネスの場では、体言止めの使用には注意が必要です。

      上司や取引先に対しては、フォーマルな表現を使うことが無難でしょう。

      ただし、社内の同僚や部下とのコミュニケーションでは、体言止めを使うことで親しみやすさを演出できる場合もあります。

      メールや社内チャットなど、やや砕けた表現が許されるシーンでは、うまく活用してみると良いでしょう。

      クライアントが禁止していないか確認する

      Webライターとして記事を書く際は、クライアントの指示に従うことが大切です。

      中には、体言止めを控えるようにマニュアルで定められているメディアもあります。

      記事を納品する前に、体言止めを使っても問題ないかどうか、念のため確認しておきましょう。

      もし、禁止されている場合は、素直に従うことが賢明です。

      クライアントとのトラブルを避けるためにも、事前の確認を怠らないようにしましょう。

      以上、体言止めを使う際の4つの注意点をお伝えしました。

      適材適所で体言止めを活用することで、文章表現の幅が広がります。

      一方で、使用シーンを見極め、節度を持って使うことが求められるのです。

      体言止めの特性をしっかりと理解し、状況に合わせて使い分けていくことが大切だと覚えておきましょう。

      体言止めの代わりに使える文章表現

      体言止めは文章表現の幅を広げる効果的な手法ですが、使い方を間違えると不自然な印象を与えてしまいます。

      そこで、ここからは体言止めの代わりに使える3つの表現方法を紹介しましょう。

      • 倒置法
      • 反復法
      • 比喩法

      倒置法

      倒置法は、通常の語順を逆にすることで、文章に変化を与える技法です。

      強調したい言葉を文頭に持ってくることで、印象的な文章を作ることができます。

      【通常の語順】

      私は、彼女の優しさに心を打たれた。

      【倒置法】

      彼女の優しさに、私は心を打たれた。

      倒置法を使うことで、「彼女の優しさ」が強調され、印象に残りやすくなりました。

      体言止めと同じように、文章にメリハリをつけられるので、ぜひ覚えておきましょう。

      倒置法については、下の記事で詳しく解説しています。

      反復法

      反復法は、同じ言葉や表現を繰り返すことで、リズム感を生み出す技法です。

      キーワードを繰り返し使うことで、読者の記憶に残りやすくなります。

      • 努力は裏切らない。
      • 努力は夢を叶える。
      • 努力は人生を豊かにする。
      • 努力は自分を成長させる。
      • だから、努力を惜しまず続けよう。

      「努力」という言葉を繰り返すことで、読者に強いメッセージを伝えています。

      独特の迫力がある雰囲気が特徴ですね。

      比喩法

      比喩法は、ある事物を別の事物に例えて表現する技法です。

      難しいことを分かりやすく伝えたり、印象的な表現をしたりするのに効果的です。

      彼女の笑顔は、太陽のように明るかった。

      あの政治家の演説は、泡のように中身がない。

      努力することは、土台を築くようなものだ。

      比喩を使うことで、読者の想像力を刺激し、印象に残る文章になりやすいです。

      比喩法は、体言止めとは違った形で、読者の心に訴えかけることができる表現方法だといえます。

      以上、体言止めの代わりに使える3つの表現方法を紹介しました。

      これらの技法を使うことで、文章表現の幅を広げることができます。

      もちろん、体言止めにも独特の魅力があるので、状況に合わせて使い分けていくことが大切です。

      文章表現のバリエーションを増やすことで、より読者を惹きつけ、記憶に残る文章を書けるようになるでしょう。

      ぜひ、倒置法、反復法、比喩法を試してみてください。

      よくある質問

      ここまで体言止めについて詳しく解説してきましたが、まだ疑問に感じることもあるかもしれません。

      そこで、体言止めに関するよくある質問に答えていきましょう。

      用言止めとの違いを教えてください

      用言止めは、動詞・形容詞・助動詞などの用言で文を終わらせる表現方法です。

      一般的な文章は用言止めで終わります。

      一方、体言止めは、名詞・代名詞などの体言で文を終わらせる表現方法です。

      用言止めが文の完結性を重視するのに対し、体言止めは文章にリズムやインパクトを与える効果があります。

      文の性質や目的に合わせて、適切な方を選ぶことが大切です。

      体言止めはなぜ使ってはいけないんですか?

      体言止めを使ってはいけないわけではありません。

      しかし、公的な文書や論文など、フォーマルな場面では控えめにした方が無難です。

      また、体言止めを多用しすぎると、文章が単調になったり、読みにくくなったりするデメリットもあります。

      使うときは、適度な頻度で文章全体のバランスを考えることが大切です。

      レポートで体言止めを使ってもいいですか?

      レポートは、基本的にフォーマルな文書に分類されます。

      体言止めの使用は最小限にとどめるのが賢明でしょう。

      ただし、引用部分や創作的な表現が求められる箇所では、体言止めを効果的に使うこともできます。

      指導者の意見を聞きつつ、適切に判断することが大切です。

      ビジネスで体言止めを使ってもいいですか?

      ビジネスシーンでの体言止めの使用は、状況によって使い分ける必要があります。

      上司や取引先とのやりとりでは、フォーマルな表現を心がけましょう。

      一方、社内の同僚とのコミュニケーションでは、適度に体言止めを使うことで親しみやすさを演出できる場合もあります。

      TPOを見極めて、適切に使い分けることが求められます。

      体言止めのときは句読点が必要ですか?

      体言止めを使うときは、基本的に句点「。」を打ちます。

      文が終了したことが分かるようにするためですね。

      ただし、感嘆符「!」や疑問符「?」で終わるときなどは、句点を打つ必要はありません。

      句読点の打ち方については、下の記事で詳しく解説しています。

      まとめ:体言止めを使いこなして読者を引きつけよう!

      この記事では体言止めの効果や使い方について解説してきました。

      体言止めを使う効果とメリット

      • リズム感のある文章になる
      • 文章にインパクトを与える
      • 余韻を与えて読者の想像力をかき立てる
      • 言葉の切れ味を鋭くする

      【シーン別】体言止めの効果的な使い方

      • 長い一文を分割したいとき
      • 文末表現を変えたいとき
      • 箇条書きを使うとき
      • 要点を強調したいとき
      • 文字数を減らしたいとき
      • 感情や心情を表現したいとき
      • ブログ記事のタイトルを作成するとき

      体言止めは、文章表現の幅を広げる魅力的な技法です。

      うまく使えば、文章にリズムやインパクトを与え、読者の心に強く訴えかけることができるでしょう。

      ただし、体言止めにはデメリットもあることを忘れてはいけません。

      フォーマルな場面での使用は控え、適度な頻度で用いることが大切です。

      文章の目的や状況に合わせて、体言止めを適切に使い分ける。

      それができれば、あなたの文章は、より多くの読者を惹きつけられるはずです。

      体言止めを効果的に使いこなして、読者の心に残る文章を書いていきましょう。

      とはいえ、体言止めをマスターするだけでは、良い文章を書けるわけではありません。

      他の修辞法については別の記事で解説予定です。

      まさる

      読みやすい文章を書けるようになるのも大切です。

      読みやすい文章の書き方については、下の記事で詳しく解説しています。

      この記事が気に入ったら
      フォローしてね!

      \シェアしてくれると励みになります/
      • URLをコピーしました!

      コメント

      コメントする

      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

      目次