【テンプレ付き】読者を引きつけるブログのリード文の書き方を例文と合わせて解説

    「リード文ってどう書けばいいの?」

    「読んでもらえるリード文が書けない」

    リード文は最初に読者の目に入ります。

    まさる

    リード文が微妙だったら、記事をせっかく見に来てくれても、最後まで読んでもらえません……

    ところが、本文に比べて書くのが難しいので、ブログ初心者ほど上手くいかずに挫折してしまいます。

    そこで、この記事では年間100記事以上執筆するWebライターで、SEO検定1級を保有する僕が、読者が思わず先を読み進めたくなるリード文の書き方を紹介します。

    この記事を読むメリットは次のとおりです。

    • リード文の重要性と役割が理解できる
    • 読者を引き付けるリード文がわかる
    • SEOに強いリード文を書けるようになる
    • 記事の読了率や成約率を上げるリード文が書ける
    • ブログで成果を出すためのスキルが向上する
    • リード文のテンプレートがわかる
    • ブログで成果を出すためのライティングスキルが身に付く

    この記事は以下のような人におすすめです。

    • ブログ初心者でリード文の書き方に悩んでいる人
    • 記事の読了率や成果を上げたい人
    • SEOを意識したリード文を書きたい人
    • コピーライティングスキルを伸ばしたい人
    • 読者に共感される記事を書きたい人
    • ブログで稼ぎたい人
    • ブログのアクセスがなかなか伸びない……
    • 何を書けばいいのかわからない

    そんな悩みとは今日でオサラバです。

    この記事を参考に、あなたの顔となる最高のリード文を作成して、読者を引き込み、ファンを増やして、ブログで成果を出しましょう!

    この記事を書いているのは

    まさる

    • 専業主夫×Webライター×ブロガー
    • 3歳と2歳の息子を育てながら月10万円以上稼ぐ
    • Webライターの経験を生かして3ヶ月でブログを収益化
    • 3つのブログを運営
    • 10記事以上で検索上位達成
    • 全日本SEO協会SEO検定1級保有

    @WebWriterMasaru

    masaru_sengyo_web_writer

    \ 詳しいプロフィールはこちら /

    目次

    【コピペして書き換えるだけ】SEOにも効果的なブログのリード文テンプレート

    さっそく、ブログのリード文に最適なテンプレートをご紹介します。

    下記のテンプレートを自分の記事の内容に合わせて微調整して使ってくださいね。

    ちなみに、僕の記事は全て下記のテンプレートをもとにして書いています。

    上位記事を連発しているので、SEO効果も期待できますよ。

    テンプレート

    「〇〇ができない」

    「〇〇をする方法が分からない」

    〇〇で悩んでいる人はとても多いです。

    実は、私も〇〇でずっと悩んでいました。

    〇〇は△△で簡単にできません。

    初心者ほど、上手くできなくて悩みがちです。

    そこでこの記事では、〇〇の攻略法を××の専門家である私が解説します。

    この記事の内容は次の通りです。

    • 箇条書きで
    • 記事の内容を
    • 要約する

    この記事を読むメリットは次のとおりです。

    • 箇条書きで
    • 記事を読むメリットを
    • 伝える

    今だけ限定で〇〇におすすめの☆☆をお得に手に入れる方法も紹介しています。

    ぜひ最後まで読んで、〇〇ができるようになってくださいね。

    テンプレートを書き換えるときのポイントは、次のとおりです。

    • ペルソナを正確に設定する
    • 読者の検索意図を深掘りする

    下記の記事でブログのペルソナについて詳しく解説しています。

    下記の記事では、SEO対策に必須である検索意図について詳しく解説しています。

    ペルソナ設定や、検索意図の深掘りができていない人は、先に上記の記事を確認するようにしてください。

    まさる

    本文や記事構成にも影響があるので先に押さえておきましょうね。

    ブログのリード文が重要である4つの理由

    ここからは、リード文が重要である4つの理由について詳しく解説します。

    読者を引き止めてくれるから

    リード文の最大の役割は、読者を引き止めることです。

    リード文は読者が最初に目にする文章です。

    興味を引かれないリード文だと、読者は記事を読み進める気になれません。

    まさる

    せっかくタイトルを見て記事を開いてくれても、すぐに離脱されてしまうことも……

    即離脱されてしまうと、SEO評価も下がってしまうので、検索順位も落ちてしまいます。

    しかし、魅力的なリード文なら、読者は必ず記事を読み進めてくれます。

    本文以上に気合を入れてリード文を書くようにしましょう。

    まさる

    キャッチーなフレーズや疑問を投げかけると、読者の反応がいいですよ。

    記事を理解しやすくなるから

    リード文には、記事の簡単なまとめ文を書きます。

    そのため、リード文を読むだけで、記事の内容を大まかに把握できるので、いざ記事を読むときに理解しやすくなります。

    まさる

    あらかじめ、どんなことが書いてあるか分かった方が、話が入ってきやすいですよね。

    リード文にはできるだけ、記事全体の内容を上手くまとめた文章を書くようにしましょう。

    ちなみに、記事の最後に書くまとめ文とは、少し役割が違います。

    一言でまとめると次のような違いがあります。

    • リード文……記事の概要を伝えて読者に読んでもらう
    • まとめ文……記事の内容を振り返って理解を深めてもらう、行動してもらう

    別の記事で「ブログのまとめ文の書き方」を解説予定です。

    リード文だけで商品が売れるから

    魅力的なリード文だと、本文にたどり着く前に商品が売れることがあります。

    例えば「おすすめのレンタルサーバーを知りたい読者」が記事を読みにきたパターンを考えてみます。

    • 3つのレンタルサーバーで自分に合ったレンタルサーバーが分からなくて悩んでいる
    • リード文に各社のレンタルサーバーの詳細情報が表でまとめられている
    • 表を見るだけで、知りたかった情報が全て分かった
    • 申し込みボタンも分かりやすい場所に設置されている
    • さらにお得に申し込めるコードも付いている

    上記のような状態なら、誰でもそのまま申し込んでくれるでしょう。

    メリットや解決策を提示して読者の悩みを解決できれば、リード文だけでも商品を買ってもらえます。

    リード文だけで読者の悩みを解決できるように、情報をまとめるようにしましょう。

    SEO対策でプラスになるから

    良いリード文を書けていれば、SEO対策になります。

    まさる

    SEO対策で重要なのは「読者の役に立つコンテンツ」を作ることです。

    魅力的な記事に対する読者の反応は、次のようになります。

    • 記事を隅々まで見てくれている(滞在時間が長い)
    • 他の記事も読んでくれている(サイト内回遊率が高い)
    • 再検索せずにインターネットを閉じる(自分のブログだけで悩みが解決した)

    逆に、下記のような行動を取られる記事は、読者の役に立っていません。

    • すぐに離脱して他の記事を読む(内容が面白くない、目的が合っていないと思われている)
    • 再検索される(悩みが解決しなかった)

    リード文だけで即離脱して、他の記事を読まれると、役に立たないコンテンツとGoogleに判断される可能性があります。

    まさる

    記事を隅々まで読んで、他の記事も読みたくなるようなブログにするため、リード文は魂をこめて書くようにしましょう。

    ブログのリード文を書く前にやっておきたい3つの準備

    しっかりと事前準備をすることが、読者を引きつけるリード文を書くために求められます。

    ここからは、ブログのリード文を書く前にやっておきたい3つの準備について解説します。

    検索意図を掘り下げる

    最初に検索意図を掘り下げましょう。

    検索意図とは……

    検索ユーザーがGoogleなどで検索した理由。求めている情報。

    まさる

    読者が検索するのは、何か知りたいことがあるからです。

    検索意図を知らずに、読者に刺さるリード文は書けません。

    検索意図を調べる方法は次のとおりです。

    • サジェストキーワードから読み取る
    • 検索結果から読み取る
    • ペルソナから考える
    • Q&Aサイトを見る
    • 取材する
    • ツールを使う
    • ChatGPTなどの生成AIを使う

    検索意図には「顕在化しているニーズ」と「潜在的なニーズ」に分けられます。

    • 顕在的ニーズ……読者も自覚できている知りたいこと・やりたいこと
    • 潜在的ニーズ……読者も自覚できていない本当に知りたいこと・やりたいこと
    まさる

    両方のニーズを満たしている方が読者に刺さるリード文になりやすいです。

    SEOに効果的な検索意図の調べ方や生かす方法を下記の記事で詳しく解説しています。

    検索意図について自信がない人は、必ずご覧になってください。

    ペルソナを想定する

    次に、ペルソナを想定します。

    ペルソナとは……

    ターゲットとする読者の具体的な人物像のこと

    Webマーケティングでは、かなり詳細な人物像を設定しますが、ブログ記事では必要ありません。

    例えば、この記事だと次のペルソナを設定しています。

    • 最近ブログを始めた初心者
    • IT用語などはあまり詳しくない
    • 専門的なことを言われるとキツイ
    • できれば楽してブログで稼ぎたい

    上記のペルソナ相手にリード文を書くと、次のように内容が変わってきます。

    • できるだけ専門用語は使わない
    • 難しい用語を使うときは説明を入れる
    • ブログで稼げるようになる方法を伝える

    ペルソナを想定することで

    • 読者の目線で記事を書ける
    • 読者に刺さる言葉選びができる
    • 親しみやすい文章が書ける

    などのメリットがあります。

    まさる

    ペルソナを意識して、読者に寄り添ったリード文を書くようにしましょう。

    ブログのペルソナ設定については、下記の記事で詳しく解説しています。

    ブログのペルソナ設定に自信がない人は、ご覧になってください。

    あらかじめ記事構成を作っておく

    リード文を書く前に、記事の構成を作っておきましょう。

    あらかじめ記事の構成を練っておくことで、リード文に盛り込んでおくべきポイントを意識しやすくなります。

    記事構成を作る手順は次のとおりです。

    • キーワードを選定する
    • 仮でキーワードを決める
    • ペルソナを想定する
    • 検索意図を深掘りする
    • 見出しを作成する
    • 本文に書く内容をメモする
    • 仮のリード文を作る
    • 仮のまとめ文を作る
    • 見出しの文言を微調整する

    上記の流れで記事構成を作っておけば、記事の流れを意識したリード文を書くことができます。

    まさる

    記事の大きな流れがイメージできるリード文を書きましょう。

    ブログの構成案を作るより具体的な方法は別の記事で詳しく解説予定です。

    最後まで読みたくなるリード文のおすすめ構成

    ここからは、読者の興味を引き、ついつい最後まで読みたくなるようなリード文の構成を紹介します。

    想定読者の悩みを明らかにする

    まずは、読者の抱える悩みを明らかにしましょう。

    まさる

    読者はどんな問題を抱えているのか、できるだけ具体的に書くのがポイントです。

    具体例

    「〇〇に困っていませんか?」

    「〇〇ができない!」

    そんな悩みを抱えていませんか?

    ちなみにこの記事では次のような導入にしています。

    読者の悩みを浮き彫りにするほど、記事への興味を引き出せます。

    まさる

    「あっ!これ私のことだ!」となるような導入にしましょう。

    読者の悩みに共感して寄り添う

    次に、読者の悩みに共感し、寄り添う文章を書きます。

    まさる

    共感を示すことで、読者は自分が理解されていると感じ、記事に対する信頼感が生まれ親近感を持ってもらえます。

    具体例

    僕も〇〇を始めていたとき同じ悩みを抱えていました。

    毎晩悩み続けて睡眠不足になっていました。

    どうしたらいいのか分からず、一人で膝を抱えて悩み続けていました……

    ちなみにこの記事では下図のようにしています。

    「実は私も以前は同じ悩みを抱えていました」などの一文を添えるだけでも、親近感が湧きます。

    できれば、具体的なエピソードを添えたり、ペルソナの現状を描写できるとGOODです!

    解決策となる記事の全容を伝える

    続いて、記事を読むことで悩みが解決することを伝えます。

    まさる

    これによって、読者は記事の内容に興味を持ってくれます。

    具体例

    この記事では、〇〇について詳しく解説します。

    この記事では〇〇について次のポイントに注目して紹介します。

    • 〇〇の有効性
    • 〇〇のメリット
    • 〇〇の使い方

    ちなみにこの記事では次のようにしています。

    細かい内容には触れず、記事全体の概要が伝わるように工夫してくださいね。

    箇条書きを使うと、分かりやすく多くの情報を伝えられますよ。

    箇条書きについて具体例を交えながら、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

    権威性を明らかにする

    記事の概要を伝えたら、次は書いている人物を紹介することで権威性を示します。

    誰が書いたか分からないものより、プロや専門家が書いている記事の方が信頼できますよね。

    具体例

    この記事では、〇〇の専門家である私が、〇〇について経験した具体例を交えながら解説します。

    ちなみにこの記事では、下のようにしています。

    できるだけ、多くの人が知っている資格を提示できるとベストですが、権威性の無い記事を書かないといけないときもあるでしょう。

    まさる

    そんなときは「自分の経験をもとに書いている」と伝えるだけでも権威性は上がりますよ。

    もし、経験もしたことがなければ、できるだけ自分で経験するように心がけてください。

    まさる

    ネットで調べたことだけを書いた記事では、読者の悩みを解決するのは難しいです……

    記事を読むメリット(ベネフィット)を伝える

    権威性を示したら、記事を読むメリットを伝えましょう。

    できれば「メリット」よりも「ベネフィット」を書けるとベストです。

    ベネフィットとは……

    利用することで実際に訪れる将来の姿や結果

    スマホのメリット
    スマホのベネフィット
    • どこでも動画を見られる
    • 移動中の電車で、お気に入りの映画を楽しめる

    具体例

    この記事を読むメリットは次のとおりです。

    • 〇〇ができるようになる
    • △△がわかる
    • ⬜︎⬜︎で稼げるようになる

    ちなみにこの記事では次のようにしています。

    ペルソナ設定や検索意図の深堀りで分かっている「読者が本当に求めている未来」を言葉にして書けると読者を引きつけられますよ。

    読者の背中を押す

    メリットを伝えたら、最後に読者の行動を促します。

    具体例

    最後まで読んで〇〇の理解を深めてくださいね。

    最後まで読んで△△ができるようになりましょう。

    このタイミングで、売りたい商品をおすすめするといいでしょう。

    具体例

    ちなみに一番おすすめなのは〇〇です。

    商品の紹介文

    下記のボタンから申し込めるので、気になる人は申し込んでくださいね。

    ちなみにこの記事では次のようにしています。

    画像

    以上の構成を意識してリード文を書けば、読者の興味を引きつけられるので、記事を最後まで読んでもらったり、商品を買ってもらったりしてもらえます。

    読者目線に立って、記事への期待感を高められるよう、リード文を練り上げていきましょう。

    魅力的なリード文にするためのポイント4選

    ここからは、より魅力的なリード文にするためのポイントを4つ紹介していきます。

    パッと見て分かるように書く

    リード文は、サッと内容が分かるように書くことが大切です。

    基本的にWeb上の文章は読み飛ばされます。

    パッと見て分からない文章では、読者に伝わりません。

    とはいえ、伝えたい情報はたくさんあると思います。

    箇条書きを上手に使えると、パッと見ても分かる文章になりますよ。

    ダメな例

    この記事がおすすめなのは、リード文の書き方が分からない人やもっと魅力的なリード文を書けるようになりたい人とか、他にもブログで稼ぎたい人やブログを頑張りたい人とかにもおすすめです。

    箇条書きを使ってまとめられている例

    次に当てはまる人にはこの記事がおすすめです。

    • リード文の書き方が分からない人
    • 魅力的なリード文を書きたい人
    • ブログで稼ぎたい人
    • ブログを頑張りたい人

    箇条書きの使い方は、下記の記事で具体例を交えながら解説しています。

    あわせて読みたい
    箇条書きのルールとは?記号の使い分けや書き方を具体例と一緒に分かりやすく解説 文章がダラダラ長くて、何が書いてあるのかわからない…… そんな悩みを抱えたことはありませんか? 情報量が多く、時間がないのが当たり前の現代社会。 だからこそ、簡潔...

    箇条書き以外にも下記のポイントにも気をつけましょう。

    • 難しい言葉を避ける
    • 太字やマーカーなどで重要なポイントを目立たせる
    • 図解などを入れる

    読者の目に留まりやすいよう、工夫してみてくださいね。

    再現性の高さを主張する

    再現性の低い解決策では、読者は納得しません。

    ダメな例

    • プロ野球選手になれば、お金を稼げるので解決しますよ。
    • 事業を立ち上げて成功すれば解決しますよ。

    できるだけ、誰でも再現性高く解決できることを主張しましょう。

    具体例

    • 未経験の僕でも次の内容を実践すればできました。
    • ゼロからでもこの記事の内容を真似するだけでできるようになります。
    • たった3つのポイントを守るだけでできます。

    「誰でも」「たった〇〇だけで」「〇〇日でできる」など、読者に「これは私にもできそうだ」と思わせることが重要です。

    とはいえ、ウソをついて過剰な表現にならないように気をつけましょう。

    実際に自分ができた方法をもとに書くと信頼性の高い文書になりますよ。

    一般常識とは異なる内容を書く

    リード文に意外性を持たせれば、読者の興味を引けます。

    特に一般常識と異なる内容だと効果的です。

    具体例

    • ご飯の量を減らさなくても痩せられます。
    • 運動しなくても痩せられます。
    • 実は頑張らなくても特別なスキルは身につきます。

    「○○は××だと思っていませんか?実は……」「一般的な○○とは違う視点から」など、常識を覆すような言い回しをすると、好奇心を刺激できます。

    ただし、あまりに突拍子もない内容だと逆効果になるので、バランスを考えることが大切です。

    制限を作って読者を煽る

    制限を作ることで、緊急性を感じさせられるので読者の興味を強く引きつけられます。

    具体例

    • 今だけ〇〇までに申し込むことで、△△ができます。
    • 先着〇〇人限定で、△△を使えます。

    「今だけ」「先着〇〇名様限定」「期間限定」など、できるだけ具体的な数字などを入れるのが効果的です。

    また、「〇〇な人だけが知っている」「××業界の裏話」など、限定された人だけ知ることができると思わせるメッセージも有効です。

    ただし、あまりにも煽りすぎると詐欺っぽくなって、信頼性を損ねてしまう可能性があるので注意しましょう。

    以上の4つのポイントを意識してリード文を書けば、読者の興味を引き、記事を読んでもらえる可能性が高くなりますよ。

    ブログのリード文を書くときの注意点4つ

    魅力的なリード文を書くためには、いくつかの注意点があります。

    ここでは、ブログのリード文を書くときの注意点を4つ紹介します。

    300〜400文字を目安に書く

    リード文は長くなりすぎないようにしましょう。

    目安として300〜400文字で書くといいでしょう。

    300〜400文字が目安である理由は次のとおりです。

    • 1分以内に読めて離脱されにくいから
    • ある程度の情報を詰め込めるから

    とはいえ、200文字くらいだったり、600文字でも大丈夫です。

    一番大切なのは「読者が先を読み進めてくれること」です。

    とはいえ、ブログ初心者のうちは、具体的な目安があった方が書きやすいと思いますので、300〜400文字を目安に書くようにしましょう。

    長くなりすぎるときは、箇条書きを使ったり、検索意図を考えながら要点を絞って書くと短く分かりやすいリード文になりますよ。

    冗長な表現を避ける

    リード文では、無駄のない文章を心がけましょう。

    いわゆる「冗長な文章」を書いていると、読者は離脱してしまいます。

    冗長なリード文の具体例

    リード文の書き方はとても難しくて大変だから、勉強することが重要なので、この記事ではリード文の書き方を詳しく解説できるように勉強して書いています。読者を離脱させないためにリード文を書きたいし、稼ぎたいから書くので、良いリード文を書けるように頑張っていきたいですね。

    正直読むのが嫌になりますよね……

    下記のように簡潔で分かりやすい表現で書きましょう。

    改善例

    リード文には重要な役割があります。

    • 読者を離脱させない
    • リード文だけでも稼げる

    ところが、リード文を書くのは本当に難しいです。

    僕も初心者のころ何度も挫折しました……

    そこでこの記事では、徹底的に勉強した僕が「リード文の書き方」について詳しく解説します。

    冗長表現を避けるためのポイントは次のとおりです。

    • 同じ単語はできるだけ使わない
    • 一文一義を徹底する
    • 一文をできるだけ短くする
    • 文章全体の構成をあらかじめ考えておく
    • 時間を空けて2回以上読みなおす

    冗長表現を避けるときは次の3点に注意しましょう。

    • 誤解されないようにする
    • 文章全体のトーンが変わらないようにする
    • 読みにくい文章にならないようにする

    冗長な表現を避けようとして、読みにくい文章になっては本末転倒です。

    簡潔で分かりやすい表現を心がけましょう。

    冗長な表現については、下記の記事で詳しく解説しています。

    あわせて読みたい
    冗長表現を避けよう!無駄を削って伝わる文章を書くためのコツを解説 「この文章なんだか読みにくい!」 「何を伝えたいのかよく分からない……」 「あれもこれも伝えなきゃ……」と文章を書き進めているあなた。 せっかく時間をかけて書いた文...

    簡潔で読みやすい文章を書きたい人は合わせて確認するようにしてください。

    タイトルとの整合性をとる

    リード文を書くときは、タイトルと整合性がとれるように注意しましょう。

    例えば「リード文の書き方について解説」と書かれた記事のリード文で「リード文のメリットを紹介します」と書かれていたら、読者は離脱してしまいます。

    ここまで露骨でなくても、タイトルとズレたリード文を書いている人は結構います……

    タイトルとリード文の内容が噛み合っていないと、読者に違和感を与えてしまいます。

    タイトルの内容を踏まえて、リード文でさらに掘り下げるイメージで書くようにするといいでしょう。

    キーワードを入れすぎない

    SEOを意識するあまり、キーワードを詰め込みすぎるのは逆効果です。

    不自然にキーワードを連呼していると、不快感や違和感を与えてしまいます。

    Googleもキーワードの詰め込み過ぎは、SEOにマイナスであると公表しています。

    Google が重要でないと考えること

    キーワードの乱用

    同じ言葉を何度も繰り返すことは(多少変化を持たせても)ユーザーをうんざりさせてしまうほか、キーワードの乱用は Google のスパムに関するポリシーに違反することにもなります。

    引用 SEOスターターガイド〜Google検索セントラル

    文章も不自然になるので、メリットはありません。

    意識してキーワードを入れなくても、必要なタイミングで自然と含まれます。

    あくまで自然な文章の流れを意識してリード文を書くようにしましょう。

    目安として5回以上キーワードが出てくるようなら、多すぎる可能性があります。

    自然な文章を維持しながら少し減らせるとベストです。

    ブログのリード文を書くときによくある質問

    ここからは、ブログのリード文を書いていると起こる疑問にお答えしていきます。

    リード文はいつ書けばいいですか?

    リード文は、記事全体をある程度書き終えてから書くのがおすすめです。

    理由は「記事全体を要約した内容を書きたいから」です。

    とはいえ、最初から書くライター仲間もいます。

    個人の好みや書きやすさに合わせて決めるといいでしょう。

    僕のおすすめは、記事構成の段階で簡易的なリード文を書いて(考えて)おいて、記事全体を書き終えてから書き直す方法です。

    ある程度「こんな内容を書こう」と決めておけば、本文を書くときに内容がブレにくいです。

    大きな軸だけ決めておいて最後に書くのが個人的におすすめです。

    リード文は書かないとダメですか?

    リード文は、ブログ記事の命ともいえる重要なパートです。

    絶対に必要というわけではありませんが、特別な理由がない限り必ず書きましょう。

    リード文の書き方はこの記事で詳しく解説しているので、参考にして書いてくださいね。

    メタディスクリプションとリード文の違いは?

    メタディスクリプションとリード文は、非常に似ていますが異なるものです。

    メタディスクリプションとは、検索結果に表示される短い記事の説明文のことです。

    画像

    リード文は記事の冒頭部分に位置する文章です。

    画像

    下表のように役割が異なります。

    項目メタディスクリプションリード文
    位置検索エンジン結果ページ記事の冒頭部分
    目的検索エンジンでのクリック率向上読者の興味を引き記事を読む動機付け
    最適な文字数100〜120文字400文字以内
    SEOへの影響大きい直接的には少ない

    大まかな内容は同じになりますが、役割が違うため細かいポイントは変えていく必要があります。

    メタディスクリプションの書き方は別の記事で詳しく解説予定です。

    まとめ:最高のリード文で読者を引きつけよう!

    この記事では、ブログのリード文の書き方について解説してきました。

    箇条書き

    ブログのリード文は、読者の興味を引きつけるために非常に重要なパートです。

    読者の興味を引き、記事を読み進めてもらうためには、魅力的な文章を書く必要があります。

    そのためには、ペルソナの設定検索意図の深掘りが欠かせません。

    あわせて読みたい
    ブログでペルソナを作る方法を6ステップで解説!注意点や具体的な使い方も紹介 「何を書いていいかわからない」 「誰にも読んでもらえない」 ブログで思うように成果が出ないのは、ペルソナ設定ができていないからかもしれません。 ブログのペルソナ...
    あわせて読みたい
    ブログで重要な「検索意図」とは?調べ方とSEO対策で生かす方法も解説 検索意図ってなに? 気にせずブログ書けばいいか! 検索意図を考えずにブログを書いても稼げません! 検索意図ってそんなに大切なの? 検索意図とは ユーザーがGoogleな...

    この記事で紹介したポイントを押さえれば、誰でも魅力的なリード文を書けるようになります。

    ついつい先が読みたくなるようなリード文になるように頑張っていきましょう。

    とはいえ、魅力的なリード文が書けているか心配な人もいることでしょう。

    僕もブログ初心者のころは上手く書けているかずっと不安でした……

    ということで、今だけ先着10名限定でリード文の添削を無料で行います。

    下記のボタンでお問い合わせを開けるので、見て欲しい記事のURLを送るか、コメントに見てもらいたい旨を残してください。

    この記事がブログ初心者の悩みを解決できれば幸いです。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    \役に立ったならシェアしてくれると嬉しいです!/
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    目次