【一覧表つき】二重表現とは?間違いの言い換え方から見つける方法を解説

    頭痛が痛い?

    違和感を感じる?

    文章を書いていると「この表現で合っているのか?」と不安になることはありませんか?

    二重表現(重複表現)は、意識せずに使ってしまいがちです。

    ところが、慣用句のように定着している表現もあるので、判断に迷うことも多いでしょう。

    この記事では、よくある二重表現と言い換えをを一覧表で紹介しています。

    さらに、油断していると見過ごしがちな二重表現を見つける方法まで詳しく解説します。

    この記事を読むメリットは次のとおりです。

    • 二重表現の意味と問題点が分かる
    • 代表的な二重表現が分かる
    • 二重表現の言い換え方が分かる
    • 二重表現を見つける方法が分かる

    この記事をおすすめできる人は次のとおりです。

    • ビジネスで文章を書く人
    • 正確な文章表現を身につけたい人
    • 文章力を向上させたい人

    この記事を読むことで、あなたの文章がよりスマートでわかりやすくなり、読者にとって魅力的になります。

    ぜひ参考にして、二重表現を避けるスキルを身につけてください。

    この記事を書いているのは

    まさる

    専業主夫×Webライター×ブロガー

    • 3歳と2歳の息子を育てながら月10万円以上稼ぐ
    • 年間100記事以上執筆
    • 10記事以上で検索上位に表示

    ☆保有資格

    • 全日本SEO協会SEO検定1級
    • 2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)

    @WebWriterMasaru

    masaru_sengyo_web_writer

    \ 詳しいプロフィールはこちら /

    目次

    二重表現とは同じ意味の言葉を重ねる表現

    二重表現とは、同じ意味を持つ言葉を重ねて使用している表現方法のことです。

    他にも「重複表現」や「二重言葉」「重ね言葉(重言)」などといわれることもあります。

    下記の4点でより詳しく解説していきます。

    誰もが聞いたことのある有名な二重表現

    代表的な二重表現は、次のとおりです。

    • 頭痛が痛い
    • 後で後悔する
    • まず最初に

    会話で使われていても違和感がないものが多いです。

    文字にすると「同じこと言ってる……」と感じるのが不思議ですよね。

    二重表現の問題点

    二重表現の最大の問題点は、冗長な文章になってしまうことです。

    同じ意味の言葉を繰り返し使用することで、同じ表現をするために無駄な文字数が必要になります。

    基本的に、文字数は少なければ少ないほど読みやすいですよ。

    また、読み手に「言葉の使い方が稚拙である」と思われる可能性もあります。

    大切な場面で、相手に舐められないためにも、二重表現には気をつけたいですね。

    語呂の良さなどからあえて使われることもある

    しかし、二重表現が常に間違っているわけではありません。

    下記の例は語呂の良さなどから、あえて使われることが多いです。

    • びっくり仰天
    • むやみやたら
    • 好き好んで

    また、日本語と外来語が混在していて、二重表現でありながら一般化しているパターンもあります。

    • 排気ガス……気はガスという意味
    • 太平洋ベルト地帯……ベルトと帯が同義
    • チゲ鍋……チゲは朝鮮語で「鍋」
    • ハングル文字……グルは朝鮮語で「文字」
    • クーポン券……クーポン(フランス語:coupon)に「券」の意味がある
    • アイヌ人……アイヌはアイヌ語で「人」
    • 3人トリオ……トリオには3という意味を含んでいる。他にも「2人ペア」「1人ソロ」など
    • サハラ砂漠……サハラはアラビア語で「砂漠」の意。
    • ゴビ砂漠……ゴビはモンゴル語で「砂漠」の意。

    他にも慣用的な表現として、意味を強めるために二重表現をすることがあります。

    • ゆっくりじっくり
    • パッと早く
    • じっくり丁寧に

    状況によっては使っても問題ありませんが、読みやすい文章や分かりやすい文章を書きたいのであれば、二重表現を避けるようにしましょう。

    特に、Web上の文章を書く「Webライティング」では、冗長な表現は敬遠されがちなので、注意してくださいね。

    冗長表現との違い

    二重表現と混同されやすいのが、冗長表現です。

    冗長表現とは、シンプルに表現できる内容を、不必要に長々と説明してしまうことを指します。

    冗長表現の具体例

    • 「これは、私が書いた論文の内容の概要のコピーの一部です」
    • 「実はまだ思われているようなことのようにできていないようなのです」

    二重表現は「今現在」などのように、「今」だけで伝わる内容に「現在」という同じ意味を持つ言葉を重ねる表現のことです。

    二重表現をすることで冗長表現になることはありますが、冗長な表現だからといって二重表現とは限りません。

    どちらも避けるべき表現であることは変わりませんが、冗長表現の方が包括的な意味を持っていると覚えておきましょう。

    よく間違う二重表現と言い換え例一覧

    日本語を使う上で、知らず知らずのうちに二重表現を使ってしまっているケースは少なくありません。ここでは、よく見かける二重表現と、適切な表現への書き換えを表でまとめています。

    下の表を参考にして、二重表現を避けるようにしてくださいね。

    スクロールできます
    誤った例言い換え例間違っている理由
    後で後悔する後悔する「後悔する」には「後に悔やむ」という意味が含まれている。
    あらかじめ予約する予約する「予約」自体に「事前に約束する」という意味が含まれている。
    今の現状現状「現状」自体に「現在の状態」という意味が含まれている。
    一番最初最初「最初」自体に「一番初め」という意味が含まれている。
    いまだに未解決未解決「未解決」自体に「まだ解決していない」という意味が含まれている。
    馬から落馬する落馬する「落馬」自体に「馬から落ちる」という意味が含まれている。
    炎天下のもと炎天下で「炎天下」自体に「強い日差しが降り注ぐ中で」という意味が含まれている。
    お体ご自愛くださいご自愛ください「ご自愛」自体に「自分の体を大切にする」という意味が含まれている。
    思いがけないハプニングハプニング「ハプニング」自体に「予期せぬ出来事」という意味が含まれている。
    価格の値上げ価格の上昇「価格」自体に「値段」という意味が含まれている。
    過半数を超える半数を超える「過半数」自体に「半分を超える」という意味が含まれている。
    必ず必要必要「必要」自体に「必ず要する」という意味が含まれている。
    従来から従来「従来」自体に「以前から今まで」という意味が含まれている。
    受注を受ける受注する「受注」自体に「注文を受ける」という意味が含まれている。
    頭痛が痛い頭が痛い「頭痛」自体に「頭が痛い」という意味が含まれている。
    全て一任する一任する「一任」自体に「全て任せる」という意味が含まれている。
    捺印を押す捺印する「捺印」自体に「印鑑を押す」という意味が含まれている。
    年内中に年内に「年内」自体に「1年の終わりまでに」という意味が含まれている。
    はっきりと明言する明言する「明言」自体に「はっきりと言う」という意味が含まれている。
    広く普及する普及する「普及」自体に「広く行き渡る」という意味が含まれている。
    犯罪を犯す罪を犯す「犯罪」自体に「罪を犯す」という意味が含まれている。
    返事を返す返事する「返事」自体に「答える言葉」という意味が含まれている。
    連日暑い日が続く暑い日が続く「連日」自体に「毎日続く」という意味が含まれている。
    被害を被る被害を受ける「被害」と「被る」が重複しているため、冗長です。
    車に乗車する車に乗る「車」と「乗車」が重複しているため、不自然な表現になります。
    内定が決まる採用が内定する「内定」と「決まる」が重複しているため、冗長です。
    過半数を超える過半数に達する「過半数」と「超える」が重複しているため、適切な表現ではありません。
    まず最初最初「最初」に「まず」の意味が含まれています。
    あらかじめ準備する準備する「準備」には「あらかじめ」の意味が含まれているため、冗長です。
    事前予約予約「予約」には「事前」の意味が含まれているため、重複しています。
    各自治体ごと各自治体「各」と「ごと」が重複しているため、不必要です。
    いっぱい入れすぎる入れすぎる「いっぱい」と「入れすぎる」が重複しているため、冗長です。
    おたがいに見つめあう見つめあう「おたがいに」と「見つめあう」が重複しているため、不必要です。
    プロ並みのレベルプロ並み「プロ並み」と「レベル」が重複しているため、冗長です。
    購入したばかりの新しいICレコーダー購入したばかりのICレコーダー「購入したばかり」で「新しい」の意味が含まれているため、不必要です。
    ちょっとした豆知識豆知識「豆知識」には「ちょっとした」の意味が含まれているため、重複しています。
    繰り返し読み返した繰り返し読んだ「繰り返し」と「読み返した」が重複しているため、冗長です。
    製造メーカーメーカー、製造会社、製造業者「メーカー」は「製造会社」の意味を含んでいます。
    まったく皆無まったくない、皆無「皆無」に「まったく」の意味が含まれています。
    慎重に熟慮する慎重に考える、熟慮する「熟慮」に「慎重」の意味が含まれています。
    上を見上げる上を見る、見上げる「上」が重複しています。
    色が変色する色が変わる、変色する「色」が重複しています。
    断トツでトップトップだった、1位だった、断トツだった「断トツ」は「トップ」の意味を含んでいます。
    店を開店する・閉店する開店する、閉店する、店を開く、店を閉める「店」が重複しています。
    お金を借金(入金・出金)するお金を借りる、借金する「金」が重複しています。
    酒を飲酒する酒を飲む、飲酒する「酒」が重複しています。
    山に登山へ行く山へ登りに行く、登山に行く「山」が重複しています。
    尽力を尽くす尽力する、尽くす「尽」が重複しています。
    加工を加える加工を施す、加工する「加」が重複しています。
    収入が入った収入を得た「入」が重複しています。
    初デビューデビュー「デビュー」には「初」の意味が含まれています。
    とりあえず応急処置応急処置をする、とりあえず処置する「応急」には「とりあえず」の意味が含まれています。
    郵送で送る郵送する、郵便を送る「送」が重複しています。
    古来より(から)・従来より(から)古来、従来、もとから、古くから、以前から本来・古来・従来はそれ自体が副詞なので「より(から)」は不要です。
    炎天下のもと炎天下で、炎天下に、炎天のもと炎天下の「下」には「もと」の意味が含まれています。
    約〇〇ほど(くらい)約〇〇人、〇件ほど、〇〇個くらい「約」と「ほど」は同じ意味です。
    各〇つずつ(ごと)各2つずつ、各2つごと「各」「ずつ」「ごと」は同じ意味です。
    およそ〇個ほど(くらい)およそ2個、2個ほど、2個くらいおよそ、ほど、くらいは同じ意味です。
    満天の星空満天の星「満天」の意味は「空いっぱいになること」で、星空の「空」は不要です。
    学校へ登校する学校へ行く、登校する「登校」は学校へ行くことです。
    アメリカへ渡米アメリカへ渡る、渡米する「米」はアメリカのことです。
    日本に来日する日本に来る、来日する「来日」とは日本に来ることです。
    最後の切り札切り札、最後の手段「切り札」には「最後」の意味が含まれています。
    かねてからの懸案かねてからの事案、懸案「懸案」とは「以前からの問題で解決していない事案」ですので、以前を意味する「かねてから」は不要です。
    期待して待つ期待する「待」が重複しています。
    今朝の朝刊今日の朝刊「朝」が重複しています。
    留守を守る留守を預かる「守」が重複しています。
    余分な贅肉余分な脂肪「贅肉」は余分な肉ですから「余分」は不要です。ただし、「余分な肉」では違和感があるので、あえて使用しても問題ないでしょう。
    犯罪を犯す罪を犯す、犯罪に手を染める「犯罪」は罪を犯す意味ですから、犯すを使うと二重表現になります。
    防〇対策防寒対策、防音対策「対策」には「防ぐ」の意味が含まれています。とはいえ、一般的に使用されているケースが多く、使用したほうがしっくりする場合は問題ないでしょう。
    挙式を挙げる式を挙げる、結婚式を挙げる「挙」が重複していますが、テレビなどでは「~で挙式をあげました」というアナウンサーもいるほど慣用化しています。口語なので言い換えるのがオススメです。
    選挙戦を戦う選挙を戦う、選挙戦を展開している厳密には二重表現ですが、一般的に使用されています。
    最後の追い込み追い込み、最後の頑張り、ラストスパート「追い込み」は、そもそも終わりに近い場面で使う言葉で「最後」は不要です。ただし、一見して重複と感じにくいため、「最後」を強調したいシーンでは使用しても問題ないでしょう。
    射程距離射程内射程という言葉には「距離」の意味が含まれています。
    永久に不滅永久に滅びない、~は不滅本来は二重表現ですが、伝説の言葉で違和感がないかもしれません。あえて言い換えるなら「永久」と「不滅」のどちらか一方を使います。
    享年80歳享年80「享年」は「天から享(う)けた年数」を意味し、「歳」をつける必要はありません。
    元旦の朝元日の朝「元旦」は朝を意味しており、「朝」を付ける必要はありません。
    後遺症が残る後遺症が出る「後遺」とは「後に残る」を意味しており、「残る」が重複しています。
    募金を集める募金をする、または寄付金を募る「募金」は「お金を募る」ことを意味しており、「集める」が重複しています。
    すべて一任する一任する「一任する」は「すべて、一切を任せること」を意味しており、「すべて」が重複しています。
    連日〜が続く連日猛暑日です「連日」と「続く」は意味が重複しています。
    IT技術ITITにはすでに「技術」の意味が含まれています。ただし、IT技術者という表現は一般的に使われています。
    第◯回目第1回、または1回目「第」と「目」は順序を表すため、意味が重複しています。
    各〜ごと各人、または人ごと「各」と「ごと」はどちらも「それぞれ」を意味しており、意味が重複しています。
    まだ未定未定「未定」の「未」は「まだ」を意味しており、「まだ」が重複しています。
    加工を加える加工する、または加工を施す「加工」には「手を加える」の意味が含まれており、「加える」が重複しています。
    酒の肴「肴」はお酒を飲むときの食事を意味しており、「酒の」が重複しています。ただし、「酒の肴」という表現は一般的に使われています。
    楽観視する楽観する「楽観」の「観」は「見る」の意味を含んでおり、「視」が重複しています。ただし、「楽観視」は一般的に使われています。
    炎天下のもと炎天下で、または炎天の中「炎天下」の「下」と「もと」は意味が重複しています。
    発売開始発売、または販売開始「発売」には開始の意味が含まれており、「開始」が重複しています。

    二重表現の種類3選

    二重表現には、大きく分けて3つの種類があります。

    それぞれの特徴を理解することで、二重表現を避けるための感覚を身につけられます。

    同じ漢字が重複している

    同じ漢字が重複しているタイプは、比較的見つけやすいです。

    例えば、次の二重表現が当てはまります。

    具体例

    • 後で後悔する
    • 犯罪を犯す
    • 期待して待つ

    一番見つけやすいので、推敲するときに気をつけていれば見つけやすいでしょう。

    意味が同じ単語が重複している

    意味が同じ2語が重複しているタイプは、少し見つけにくいです。

    例えば、次のような二重表現が当てはまります。

    具体例

    • 予定のプラン
    • 製造メーカー
    • IT技術

    同じ漢字が重複しているタイプに比べて、単語自体の意味を考慮していないと、気づきにくいです。

    推敲するときは、文字だけを追いかけるのではなくて、単語の意味をなぞりながら行いましょう。

    同じ意味を含む言葉が重複している

    同じ意味を含む言葉が重複しているタイプは、最も見つけにくいです。

    例えば次の二重表現が当てはまります。

    • すべて一任する
    • あらかじめ準備する
    • 内定が決まる

    単語の意味だけでなく、文全体で意味が重複していないか確認する必要があるので、ベテランのライターでも間違えることがあります。

    しかし、丁寧に推敲をすれば、必ず気づくことができます。

    なんとなく読み返すだけでなく、文ごとの意味を正確に捉えながら客観的に推敲を重ねるようにしましょう。

    実は二重表現ではないケース

    一見すると二重表現だと思われがちですが、実は違うケースもあります。

    次の表現は二重表現ではありません。

    • 違和感を感じる
    • 歌を歌う

    漢字だけに囚われていると間違えがちなのがこのケースです。

    とはいえ、仮に間違っていなかったとしても、読者から二重表現のように見られてしまうのは避けなければいけません。

    違和感が出てしまうと、文章を読み続けてもらえない可能性があります。

    少しでも二重表現か気になったら、別の言葉に置き換えるようにしておきましょう。

    二重表現を見つける3つの方法

    ここまで紹介してきた二重表現を見つけなければ、文章力アップには繋がりません。

    ここからは二重表現を見つけるおすすめの方法を3つ紹介します。

    推敲して見つける

    二重表現を見つける最も基本的な方法は、自分で文章を推敲することです。

    推敲とは、書き上げた文章を見直し、修正を加えていく作業のことを指します。

    文章を書いたら必ず推敲をしましょう。

    推敲のコツは次のとおりです。

    • 時間を空けて読み返す
    • 文章の意味から考える
    • できるだけ別の媒体で推敲する

    推敲は時間がかかりますが、読みやすい文章作成のために欠かせません。

    上記のポイントを意識しながら、根気強く文章を見直すことを心がけましょう。

    とはいえ、あくまで人力で行うので、ミスは付きものです。

    ミスを減らすコツは次のとおりです。

    • 何回も繰り返す
    • 他の人に見てもらう

    一度は推敲するべきだと思いますが、お金を用意できるなら、他人に見てもらう方が修正点は見つかるでしょう。

    Googleドキュメントの校正機能を使う

    Googleドキュメントには、文章の校正機能が備わっています。

    この機能を使えば、二重表現だけでなく、誤字脱字なども見つけることもできます。

    ただし、Googleドキュメントの校正機能だけでは、二重表現を完璧に見つけられるわけではありません。

    基本は、誤字脱字を発見するツールとして簡易的に使うのがおすすめです。

    正直、あからさまな二重表現しか見つけられないので、次に紹介する有料のツールを使う方がいいでしょう。

    有料の校正ツールを使う

    より高度な校正を行いたい場合は、有料の校正ツールを使うのも一つの手です。代表的な校正ツールとしては、以下のようなものがあります。

    上記のツールは、二重表現だけでなく、文法や語彙の誤りも指摘してくれます。

    特には、下記の機能が含まれています。

    • 誤字脱字のチェック
    • 誤った敬語のチェック
    • 差別語・不快語のチェック
    • 読みやすさのチェック
    • 文章表現の提案
    • 文章読み上げ機能や漢字の使用率チェック
    • チームで共有可能な表記ルール辞書の作成

    公式サイトではチュートリアル動画が用意されていて、定期的にオンラインの説明会が無料で開催されています。

    気になる人は下記のボタンから公式サイトを覗いてみてください。

    \ 無料オンライン説明会を随時開催中 /

    無理な勧誘はないので気軽に参加できます

    まとめ:二重表現を避けてスマートに表現しよう

    この記事では、二重表現について解説してきました。

    二重表現とは、同じ意味を持つ言葉を重ねる表現のことで「重複表現」や「二重言葉」「重言」などともいわれます。

    二重表現の問題点は次のとおりです。

    • 冗長な表現になってしまう
    • 読者に稚拙な文章と思われてしまう

    二重表現の種類は次のとおりです。

    • 同じ漢字が重複している
    • 意味が同じ単語が重複している
    • 同じ意味を含む言葉が重複している

    二重表現を避けるためには次の方法が有効です。

    • 推敲して見つける
    • Googleドキュメントの校正機能を使う
    • 有料の校正ツールを使う

    二重表現について理解が深まれば、冗長な表現のないより良い文章を書けるようになります。

    たとえ意味が通じていたとしても「今日は頭痛が痛かったです」や「捺印を押しておきました」のような文章を書く人に、重要な仕事は任せられません。

    適切な日本語を思い通りにスマートに操って、読みやすい文章を書けるようになりましょう。

    とはいえ、人力だけでは限界が訪れます。

    おすすめはです。

    圧倒的に安いコストで、面倒な文章校正を外注できれば、作業は効率よく進みます。

    文賢なら、月額2,000円ちょっとで使い続けられます。

    下記のボタンからの導入を検討してみてくださいね。

    \ 無料オンライン説明会を随時開催中 /

    無理な勧誘はないので気軽に参加できます

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    \役に立ったならシェアしてくれると嬉しいです!/
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    目次